NEW TOPICS

2018.11.14 Wed

長崎県 大村公園

長崎県大村市にある『大村公園』で水質浄化実験が始まりました! 独自に開発したセラミックをまくことで、池のヘドロを分解するという実験です!   市長をはじめ、市の職員の方々も駆けつてけくださりました! &nbsp […]

READ MORE  
2018.10.25 Thu

凄米!

今年収穫したお米に名前がつきました!     その名も               『凄米』!! すごまい です!   […]

READ MORE  

人や動植物に完全無害なテラヘルツテクノロジーの実用化に成功

テラヘルツテクノロジーは世界中の学者が研究を競い合っており、アメリカ国立衛生研究所(NIH)が、「テラヘルツは科学・医療・防衛など様々な分野で画期的な技術発展をもたらす」として、研究機関に多額の助成金を支出しています。

BC-FORCEは、テラヘルツテクノロジーの実用化に成功し、テラヘルツ波を発生させる植物ミネラルを独自技術で水と融合させ、テラヘルツ波を放射・吸収するミネラルウォーター、通称“QQウォーター”を開発しました。


QQウォーター・EMFセラミックの無限の可能性

農業への応用

無農薬で育てたい、栄養価を高めたい、糖度を高めたいなど、農業関係者が抱える悩みは様々です。

QQウォーターには除菌能力や光合成促進にも効果的な数種類のタイプが存在します。BC-FORCEは農業分野におけるテラヘルツテクノロジーの実用化に力を注ぎ、農業関係者が抱える問題解決や農業の未来を開拓していきます。

除菌の概念を変える

QQウォーターの種類の一つに植物ミネラルと水の融合が生み出した強アルカリ・遠赤外線水が存在します。

水がもつ電気の力と高pH値、自己放電能力により、多剤耐性菌類を含む様々な病原体を取り除く可能性を秘めながら、化学物質を含まず、刺激性がありません。各ウイルス及び細菌類で除菌効果を実証済、動物実験及び臨床実験でも無刺激性を確認済です。

なぜ水なのか?

ミネラルは必然的に、「水」と共存する形をとる

ある一定のテラヘルツ波を放射するレーザー方式は世界的に開発されており、一部が実用化されています。 しかし、レーザー方式のテラヘルツ発生装置は物を分析することが主であるため、強力な光源を必要とします。また、発生波長領域が限られている上、個々の対象に合わせて波長を選択して出すことも出来ないという大きな欠点を持つと言えます。

一方当社は、自然界にあるミネラルを原料とし、「相手先に共鳴吸収できる(相手が吸収できる)テラヘルツの波長を“選択”して“放射”できる放射体」を物質化する技術を確立しました。

なお、ミネラルは、水の分子運動によって集成されメゾスコピック構造になることで、テラヘルツ波を発振させることができるようになります。従って、ミネラルは必然的に、「水」と共存する形をとり、この「水」を【QQ ウォーター】と呼びます。


原料は土壌ミネラル

植物や土壌成分から抽出したカルシウムや炭素

QQウォーターの主原料は、植物や土壌成分から抽出したカルシウムや炭素といった、安全なミネラルです。BC-FORCEはこれらのミネラルを水に溶かし、メゾスコピック構造のミネラルへと再構成し、更に水に溶かし、「ミネラル分散液」の形をしたテラヘルツ放射体を製造し、この技術をMRD テラヘルツ放射体製造技術といいます。

このテラヘルツ放射体は、ミネラル構造の極性誘電体ともいえる性格を持ちます。すなわち、メゾスコピック構造のミネラルはプラスとマイナスの両方を持つ極性誘電体であり、外界の電子を+極で捕捉し、-極に移動させ放出した電子を再び捕捉することで、回路を形成するのです。この回路ゆえ、自己放電性を有し、電解質を必要とせずに電気分解を行う。当社はこのミネラル分子の組み合わせを操作し、特定の波長を選んで放射させることを可能にすることに成功しました。


残留性のない水

化学反応や化学作用などの残留性は一切ない

BC-FORCEは土や植物を一度水の中でミネラルに、つまり原子の状態に戻します。その作業は私たちの体と同じです。人間は、脂質、タンパク質、炭水化物、ミネラル等で構成されます。しかし、ミネラル以外は、死んだらすべて水となり土に戻り、「原子」に還る。植物も動物も同じです。すべては一度「原子」に戻るのです。

私たち人間は肉や魚を食べると、体の中で一旦すべてを分解し、リンパ液などの体液、すなわち水を使い、自分の細胞の出すテラヘルツと同化するテラヘルツを持つ物質に組み立て直しています。すべてを原子に戻し、水を介して新しく組み立てなおす。そして、特定の波長を出せる物質を作り出す。水とミネラルだけによって構成されているので、対象物への化学反応や化学作用などの残留性は一切ありません。


刺激性のない水

pH12 以上の刺激性のない水

QQ ウォーターの更なる特徴は、自己放電による電気分解と水素吸蔵作用により、苛性ソーダなどの化学薬品を使わずとも、水分子の加水分解性や界面活性の力を保ち、かつ刺激性のないpH12 以上の強アルカリ性の状態を保つことです。

pHというのは、水溶液の考え方から来る。水(溶媒)に何らかのもの(溶質)が混ざって溶け、酸性(+)やアルカリ性(-)になるのです。

お問い合わせ

商品に関するお問合せ、その他BC-FORCEに関する事などお気軽にお問合せください。